FC2ブログ
大将の気合いと根性
楽しかったこと、悔しかったこと、意外と忘れがちなので自分用の備忘録(^_^.)


プロフィール

taisho

Author:taisho
taishoです。
バイク大好きですが、最近はなかなか・・・
なので備忘録にしました。
コメント大歓迎!
よろしくです。



最新記事



最新コメント



ありがとうございます!



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



MotoGP 最終戦 スペイン バレンシア

にほんブログ村 バイクブログへ 左斜め上投票クリックお願いします嬉しい顔

2006年MotoGPを締めくくるチャンピオンが決まる最終戦。PPはV.ロッシ。

セカンドグリッドのDUCATIトロイ・ベイリスのホールショットで始まり

なんとスタートが得意のはずのロッシが、ミスで6位くらいで1ラップを走行。

その前にはレプソルの2台が先行して、チームとして体制を築いて走行。

なかなかペースが上がらないロッシが、ななんと5周目にスリップダウン!!!

ロッシの単独転倒なんて珍しすぎますまいった顔思わず叫んでしまいした。

ロッシはなんとかリスタートに成功して、徐々にポジションUPして行き、

転倒者のおかげもあってどこまで順位が上がるかによって、まだチャンピオンの

可能性を残しながら走行。ポイント争いになりました。

2位走行のヘイデンをカピロッシがかわして、DUCATIのワンツー体制に。

結局ベイリスは一度もトップを譲ることなく、スポット参戦ながら優勝。

2位にはカピロッシ。3位ヘイデン。4位ペドロサ。ある意味ワンツー?

そしてロッシは追い上げも届かず13位フィニッシュ。

この瞬間、NEWチャンピオン、ニッキー・ヘイデン誕生です!!!

前戦、チーム同士の遺恨を残し逆転され、苦しみながらもプレッシャーに勝ち

更に逆転で990cc最後の年のタイトルをGET!

レースは筋書きのないドラマ。最後の最後まで本当に分かりません。

まさかこんな展開でチャンピオンが決定するなんて。おめでとうニッキー・ヘイデン! 

 

スポンサーサイト






コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック